iPhoneを水没させてしまった後の応急処置

iPhone水没後の正しい処置とは?早めの応急処置でデータを回復! - iPhoneを水没させてしまった後の応急処置

アーカイブ

おすすめiPhone修理サイト
iPhoneが水没・・・そんなときはここ!

iPhoneを水没させてしまった後の応急処置

ioopytd
あなたはiPhoneを水没させてしまった時にはまず最初に何をしますか?
きっとまずは反射的にその落としてしまった瞬間にすぐ、水没から助けるために行動をすると思います。
そしてそのあとの行動一つであなたのiPhoneが復活できるのか、復活できずに故障してしまうのかは大きく分かれるのです。
それはあなたが適切な応急処置ができるかどうかというところが大きなポイントになっています。
もしここであなたが適切な応急処置ができれば、あなたは大切なデータや情報を失わないで済みますが、ここで適切な対応ができなければあなたは大切なデータを失ってしまいます。
いったい水没してしまった時の適切な応急処置とはいったい何なのでしょうか?
そこで今回はそんなiPhoneを水没させてしまった後の応急処置について紹介していきましょう。

まずは電源を落とす

まず水没してしまった時には電源がしっかりと落ちているかを確認しましょう。
稀に水没させてしまった後にも電源が入っている場合がありますが、それは水没しておらずセーフだったわけではなく、まだ基盤内に入り込んでいなかっただけで、結果的に水没するのも時間の問題なので、先に電源を落としましょう。
もし、落としてしまったことで電源が落ちてしまっていたのであれば、気になる気持ちはわかりますが、水没して切れてしまったことで間違い無いので、電源を入れるようなことだけは絶対にしないようにしましょう。

シムカードを取り出す

iPhoneの中に入っているシムカードは水で腐食してしまったら、あなたの番号が使えなくなってしまうので、電源が落ちていることが確認できたらすぐにクリップか、専用のキットを使ってシムカードを取り出しましょう。
シムカードの取り出し口から水が侵入している可能性もあるので、その時には水が出てくるようであれば、その周辺の水も拭いてとってあげるようにしましょう。
この時に決して端末を振って水分を出そうとすることだけはしないでください。
なぜなら、端末を振ってしまうと、内部全体が水没したわけでなくても、振ったことによって、端末全体に水分が行き渡ってしまい、余計に故障する部分を広げてしまう可能性が高いのです。

できるだけ中の水を取り出す

ukykuf
一度iPhoneの中に入ってしまった水は放っておいても勝手になくなることはありません。
そのためティッシュを細くして綿棒状にすることでイヤフォンジャックや充電部分から少しでも水気を取るように試みてください。
基本的にこの二箇所から水分が侵入していくものなので、できるだけ水分を取ることがポイントです。
上記でも述べたようにここでiPhoneを振ってしまうと、全体に水気が行き渡ってしまうので、絶対に振らないようにして水気を取るようにしましょう。

絶対にやってはいけないこととは?

iPhoneを振る

途中でも少し説明したようにまず最初に誰もがやってしまうことで、水気を飛ばすためにiPhoneを振る人がいますが、絶対にNGです。
端末のなかに入ってしまった水は振っても出てこないばかりか、余計に被害を拡大するだけなので絶対にやめましょう。

ドライヤーで乾かす

水分を飛ばして乾かすという発想をすると、ほとんどの人はドライヤーで乾かすということを考えるようです。
しかし、ドライヤーで乾かすということは余計にiPhoneを故障へと追い込んでしまうということになります。
水分を飛ばすために必要な温度は40-60度近くの温度が必要になりますが、iPhone自体は35度以上の熱に耐えることはできないので、水でダメになった後に熱でダメになってしまうということになります。
そのためドライヤーで乾かすということだけは絶対にやめてください。

以上がiPhone水没させてしまった後の応急処置についてでした。
初めて水没させてしまった時はとても焦ってしまい、適切な処置ができないものですが是非あなたにも適切な処置ができるように理解しておいてほしいと思います。

Copyright(C)2015 iPhoneを水没させてしまった後の応急処置 All Rights Reserved.